MAN会報
当会会報の記事で綴る
御堂筋アズマネットワークの歩み(2)


当会事務局長 高峯 秀樹

 会報2号は平成10年8月20日に発行された。記事の中には当会も後援した「第6回喘息デーへ積極参加を」の田口徳一企画担当の呼び掛けと、桑原政則インターネット担当の「パソコンと楽しく付き合おう」(MAN homepageへ2,300人がアクセス!〕が当会の活動を印象づけている。

「パソコンと楽しく付き合おう」
MAN homepage へ2300人がアクセス!


 1997年6月17日に御堂筋アズマネットワークのホームページを開設致しまして1年と1ヶ月になります。おかげさまを持ちまして当ホームページを訪れて頂いた方が6月20日現在でなんと2,300人を越えました。これも皆様方のおかげと思っております。本当にありがとうございます。
 当ホームぺージでは、これからも大勢の方々にご覧になって頂き、喘息と良い関係で付き合って頂く為の情報発信基地を目指して行きたいと考えております。そのためより良い情報をご提供していく心がまえであります。
 また、インターネット担当からは、会員の皆様にも生きた情報に直接触れて頂きたいと考えています。その為には皆様方にパソコンと親しんで頂くため「パソコンと楽しく付き合おう」を合言葉に講習会を開きたいと思っています。皆様方の御参加をお待ちしております。
 そして御堂筋アズマネットワークの事務所にもパソコンを置き、いつでも触れて頂く環境を目指していきます。何卒応援のほど宜しくお願い申し上げます。
(インターネット担当 桑原政則)

第6回喘息デーへ積極参加を
御堂筋アズマネットワークが後援


 全国で300万人を越す喘息患者がおり、毎年6000人を越す人が亡くなっています。最近喘息の研究が進み、治療法が大きく変化し、治療薬の中心は発作止めから、抗炎症薬に変わりつつあります。
 宮武先生の指導に従い、正しい知識を身につければ、コントロールできる病気であることは会員の皆様が一番良く知っていることですが、今回、第6回喘息デーが大阪で、開催される事に対し、御堂筋アズマネットワーク(宮武内科喘息友の会)も後援し、成功させ、会員の皆様がより健やかな日常生活を送るため、開催期間中宮武先生も参加しますので、できるだけ講演会に参加し、知識を身につけようではありませんか。

なお当日のプログラムは、下記の通りでした。

●第6回喘息デー
 一人で悩まないで!You are pot alone
日時 9月5日(土)午後1時30分〜4時
会場 薬業年金会舘
(大阪市中央区谷町6丁目5−4)
プログラム
    1、小児喘息の治療 西川 清 先生
    2、成人喘息の治療 中島 重穂先生
    3、質疑応答

(企画担当 田口徳一)

 会報第3号は、平成11年3月6日に発行した。この号には2号で紹介した第6回喘息デーに参加した田口徳一企画担当のリポートが掲載されている。

第6回喘息デーに参加して

 第6回喘息デーが平成10年9月5日(土)から2日間、大阪市中央区の薬業年金会飴他で開催され、我が御堂筋アズマネットワークから延べ10名がスタッフとしてお手伝いいたしました。
 初日は、上嶋会長の開会あいさつで始まり、宮武先生が座長で、西川クリニック院長、西川清先生、近畿大学ライフサイエンス研究所教授、中島重徳先生の講演に、全国から集まった100余名の患者、家族が小児喘息、成人喘息の治療について予定時間を相当オーバーする時間で参加者が熱心に聴講しました。
 また2日日は、電話相談のお手伝い、宮武先生をはじめ、専門医、薬剤師の方々が専門の立場で全国から寄せられる相談に電話機の空く時間がない程、忙しく対応しました。2日間を通じて感じた事は、喘息友の会として、後発であっても、今回のお手伝いを通じて、先発友の会に臆する事なくリーダーシップをとったと自負しています。我がアズマネットワークの協力がなければ成功しなかったと思いました。
 これも上嶋会長をはじめ、スタッフが一丸となって取りくんだ賜だと思います。しかし、これに満足することなく、より充実した会に発展する事を願います。
(企画担当 田口徳一)

 また、同号のトップ記事には当会の名物催しの一つとして定着した懇親会の模様が記念写真入りで、大和健企画担当により紹介されている。

第3回憩覿会に別名参加

 平成10年11月28日(土)午後2時から午後4時迄ホリディイン南海3階「花外楼」にて開催。
 参加者は別名で、食事を取りながら喘息の事やお互いの健康状態を話し合う事により、会員同志の親睦が一層深まった一と思います。
 次回は、さらに有意義な懇親会にしたいと思いますので皆様からのアイディアをお待ちしております。
●第3回懇親会に参加の皆さん
宮武 明彦   井上 敬子
今中 一江   上嶋 幹子
上野 耕一   梅田 君子
江口 章子   角井 コスエ
北村 公一   小林 迪子
小山 優    塩原 詠子
島谷 喜代子  瀬戸口 美香代
高木 巌    高倉 弘子
田口 徳一   田中 ナラエ
得津 悦子   直田 文子
信国 コズエ  鳩野 昌子
福本 博    藤沢 徳美
藤井 八重子  松葉 貴美子
三満 昌子   山北 弘子
山下 実千代  大和 健
山脇 善美香
(順不同 敬称略)
以上31名
(企画担当 大和 健)
 また、同号2頁には、第打画宮武内科勉強会で好評であった、当会顧問医師藤田きみゑ先生の「栄養学講座 その1、タンパク質について」が会報に掲載され、その後連載記事として続いている。
 なお、今号6面に「脂質その1」が掲載されている。

●もどる●