MAN会報
平成25年度定時総会

理事 大和 健

 総会は3月29日(土)12時から宮武明彦先生、藤田きみゑ先生を含む24名(内同席者2名)の出席で、木曽路「心斎橋店」にて開催された。上嶋幹子理事長の挨拶に続き、宮武先生の挨拶とミニ講演があり、中国の大気汚染が今、大きく話題になっているが、それに加えて黄砂や花粉などがミックスした物質が飛んでいる。花粉のサイズは30マイクロメーターとかなり大きいため、マスクで防御する事が可能であるが、残念ながら、公害物質PM2.5は普通のマスクでは素通りする。しかし、少なくとも花粉や黄砂に付着して飛んでいるPM2.5は、微粒子のサイズが大きくなるため、マスクの着用により防ぐことが可能となる。さらに他の有害な大気汚染物質の吸入量も減少できるため、喘息の悪化の減少も期待できる。従って、自分には花粉症がないからマスクの必要はないと考えず、マスクの着用を勧めると講演された。

 総会前には陽春昼御膳の「妻籠」を賞味しながら楽しく歓談した。総会では、会員数91名のうち出席者22名、委任状出席者46名を加えて68名の出席者となり、総会は成立した。
 総会では堀内道男理事が議長として議事進行を行った。第一号議案である議事録署名人の推薦では、小森恭彦理事、上地義男理事が選任された。また、第二号議案である平成25年度活動報告は大和 健理事が、収支決算報告は松本光津子理事が報告した。さらに、第三号議案の会計監査報告は大高照子監事の代わりに大和理事が報告された。これら報告の後、出席者に承認の有無を図ったところ、全員異議なく第一号議案、第二号議案、第三号議案共に承認された。続いて、第四号議案となる平成26年度活動計画案が大和理事から提案され、さらに、平成26年度収支予算案を松本理事から提案されたが、これも会員全員の拍手で承認された。第五号議案である会報発行については平成26年6月に発行すること。第26回勉強会開催については、平成27年1月24日(土)に開催予定とする事、演者については宮武理事に一任することを全員が承認し、定時総会を閉会した。


次ページへ→

←目次に戻る