MAN会報
平成26年新年会

理事 松本 光津子

NPO法人御堂筋アズマネットワーク主催の新年会が1月25日(土)12時より宮武明彦先生、藤田きみゑ先生をお迎えして、難波のホテル「一栄」で開催された。  参加者は25名であったが、今回は趣向を凝らしてお楽しみ抽選会とカラオケ会が企画された。上嶋理事長の新年の挨拶に続いて、宮武先生からも新年の挨拶があり、引き続き、宮武先生が最近の話題となっている大気汚染物質PM2.5のミニレクチュアーをされた。 それによれば、宮武内科受診中の患者さんも少なからずPM2.5の影響を受けていることがアンケート調査で判明したこと、微粒子PM2.5そのものは非常に小さいため、N95マスクでしか完全防御できない有害物質であり、気管支喘息に悪影響を及ぼすこと、さらに健常人に対しても悪影響が心配されるといった内容であった。 講演の後、吉富理事の乾杯の発声にて会席料理を賞味し歓談した。抽選会では一等から三等のみならず特等も設定されており、その特等は松本理事が射止めた。次いでカラオケ会が開催され、各自それぞれに得意の歌を熱唱した。喘息患者なのにカラオケができるのかと、知らない方は驚かれるが、カラオケで歌っている時は咳も出なくて不思議だと、異口同音に患者さん達は話される。大きく発声することは呼吸器に良い影響があるそうで、そのような意味でカラオケ同好会はリハビリを兼ねているといえる。和気藹々の内に食事も終わり、最後に全員で記念写真の撮影を行って閉会した。楽しい一日であった。

●新年会参加者名
宮武先生、藤田先生、上嶋幹子、大和健、吉富康二、
鳴瀬勇、上地義男、上野耕一、塩原詠子、小森恭彦、
高峯 秀樹、多田剛、大原和夫、下山チエ子、
武智みゆき、吉岡孝子、小川廣子、橋本美佐子、
大高照子、餅谷タミエ、藤井満子、松下いづみ、
藤川美智子、藤田澄子、松本光津子


次ページへ→

←目次に戻る