MAN会報
ピカソのように元気で長生き
俳誌「天弓」の主宰を引き受けて


理事 高峯 秀樹

長年にわたり宮武明彦先生のオーダーメード医療の御蔭で、感謝の日々を過ごしている。
15年間お手伝いした「御堂筋アズマネットワーク」の運営法、仲良しクラブを基盤としたボランティア活動の方法も随所で役立っている。 その一つが俳句結社の運営である。俳句界も高齢化で運営が難しくなっている。
右脳俳句は身体を活性化し健康に役立つ。現代俳句のパイオニア山口誓子師、俳句研究の第一人者松井利彦師を師系とする「天弓」を場に俳句愛好者の裾野広げをしたいと思っている。良かったらご一緒にどうぞ。


次ページへ→

←目次に戻る