MAN会報
ステロイド療法の現状と将来展望

理事 笠山 宗正

 ステロイドにはさまざまな種類がありますが、一般に「ステロイド療法」という場合のステロイドとは糖質コルチコイド(グルココルチコイド)のことを指しています。
 糖質コルチコイドは、関節リウマチ、SLE、多発性筋炎などの膠原病や間質性肺炎、喘息などの疾患の治療薬として使用されています。これらの病気の治療において、ステロイドは炎症を抑える作用や免疫を抑える作用などの薬理作用を期待して投与されます(薬理作用)。
 一方、糖質コルチコイドはヒトの副腎皮質から分泌されるホルモンであり、糖代謝、蛋白代謝、脂肪代謝などにおいて重要な役割を果たしています(生理作用)。すなわち、糖質コルチコイドはヒトにとって必要欠くべからざるホルモンで、副腎皮質機能低下症などのように糖質コルチコイドが欠乏する病気に対しては不足したホルモンを補う目的で投与されます。
 薬理作用に必要な糖質コルチコイドの用量は、生理作用に必要な用量に比べて数倍から数十倍大量が必要です。薬理作用に必要な量の糖質コルチコイドを長期間投与した場合に生じる問題点が、骨粗鬆症、ムーンフェイス、肥満、糖尿病、脂質異常症、感染症、続発性副腎皮質機能低下症などの副作用です。
 吸入薬、点鼻薬、外用薬などのステロイド剤は、局所で作用し副作用を減らす目的で開発されてきました(アンテドラッグと呼ぶ)。しかし、これらアンテドラッグといえども副作用は全くゼロというわけではないので注意が必要です。薬理作用と生理作用といった糖質コルチコイドの二面的作用のメカニズムの違いを応用して、副作用のないステロイド薬の開発も進みつつあります。
 現在では、ステロイド療法の副作用を防ぐ方法や技術も進歩しています。経口ステロイド薬を内服している患者さんはもちろん、吸入ステロイド薬で治療中の患者さんも、@ステロイド療法の副作用を十分に認識し、A副作用のチェックのための検査を定期的に受け、B副作用を予防するため生活習慣に注意し、C必要な場合は副作用が重症化しないよう治療を受けることが重要です。
 ステロイド療法は、ご自身の病気の治療に有益な良い友人のようなものです。恐れず、侮らず、上手く付き合っていただきたいと思います。
(財団法人日本生命済生会付属日生病院 副院長)
次ページへ→

←目次に戻る