MAN会報
「御堂筋アズマネットワーク」
発足満15年を迎えて


理事長 上嶋 幹子

 皆様には、平成24年の新春をご機嫌良くお迎えのことと拝察お慶び申し上げます。
 昨年は東日本大震災をはじめ、国の内外で政治、経済、社会、環境など様々な分野で困難な状況が起こりました。
 今年は昇り竜と言われる上昇運が期待できる年であり、皆様の公私に亘って幸運の年になりますように心からお祈りいたします。
 さて、当会は、平成9年3月1日に、宮武明彦先生のご指導により発足いたしましたのでこの3月1日に満15周年を迎えます。恒例の秋の勉強会を開催の折には、宮武明彦先生、藤田きみゑ先生を囲んで感謝の小宴を催したいと思います。
 私事で恐縮ですが、この1月に卒寿を迎えることが出来ました。53才で気管支喘息を発病して10メートル歩くのが精一杯でしたことを思い出しますと、感無量でございます。これも当会の活動の柱になっている春、秋に開催している勉強会に全部出席して、宮武明彦先生のご指導を守ったことと感謝申し上げ皆様にも熱心にご勉強されることをお勧めいたします。当会の発足の時に副会長をお願いした小山 優さんもお元気で私に続いて卒寿を迎えられます。
 このように当会の会員は長命をいただく方が多く有難いこととおもっております。
 どうぞ皆様今年もお互いに健康に気を付けて微力ながら世の為人の為に頑張りましょう。
次ページへ→

←目次に戻る