MAN会報
口腔アレルギー症候群

理事 小塚 雄民

 最近、口腔アレルギー症候群が増加しています。口腔アレルギー症候群では、食物摂取後15分以内に食物と接触する部位である口腔、口唇、咽頭部の刺激感、痒み、腫脹、咽頭閉塞感が出現します。全身症状として、じんましん、消化器症状、呼吸器症状、アナフィラクシーなどを伴う場合があります。
 原因となる食物は、リンゴ、桃、バナナ、トマトなどの果物や野菜、ソバ、小麦などの穀類、エビ、カニ、イカなどの魚介類、牛乳、卵などの動物性食品などです。
 診断方法は病歴を詳細に聞いた後、血液検査、またはプリックテストを行います。信頼性は血液検査よりプリックテストの方が高いので、主としてプリックテストを行っています。
 プリックランセッターとヒスタミン溶液を準備します。プリックランセッターは1oの突起を持ち、この部分で前腕の皮膚を1回刺します。これをプリックテストと言います。痛みは軽微ですので、乳幼児でも痛みのため泣くことはありません。試験当日、原因と思われる果物、野菜、魚介類などを購入して持ってきて頂きます。新鮮な食物を使用した方が、検出感度が良いためです。
 リンゴの場合、果皮の上からプリックランセッターでプリックした後、果汁のついたプリックランセッターで前腕にプリックします。その時、対照としてヒスタミン溶液、生理食塩水を使用したプリックテストも併せて実施することが必要です。プリックしてから、15分後に判定します。ヒスタミン液で出現するじんましん(膨疹)と比較し、判定します。
 さらに、プリックテスト結果が正しいかどうかを、負荷試験、または除去試験で確認することが肝要です。
●もどる●