MAN会報
一年間のすべての行事に参加して

会員 松本光津子

 私は平成17年1月にNPO法人御堂筋アズマネットワークに入会して、 まもなく2年になります。 その間色々な行事に参加させていただきました。
 定期的な行事としては、 2ヶ月に一度の宮武先生、 藤田先生を囲む定例懇談会。 当日は両先生の映像を使っての医学や食物・栄養学のお話があります。 季節や流行に関する時宜に適したお話が好評で、 私も知識を吸収することに努め実践いたしております。
 春と秋に2回ある御堂筋アズマネットワーク勉強会 (旧称宮武内科勉強会) は、 大阪市おとしより健康センター二階の多目的室で、 毎回、 百名程が集まって開かれます。 医学の各分野で日本を代表する先生方がお話をしてくださり、 患者の質問も活発で驚きました。 会の活動の代表的イベントで33回を記録しています。
 特に第30回は特別なイベントとして、 会場を大阪国際会議場に250名が参加して行われ、 講師も超有名な順天堂大学医学部代謝内分泌講座教授河盛隆造先生の 「メタボリックシンドロームって何?」 と、 葉山ハートセンター院長、 須磨久善先生の 「21世紀の心臓外科手術の進歩」 についての話はとても印象深く記憶に残っています。
 講演終了後には場所をリーガロイヤルホテルに移して記念のパーティーを150名の参加で楽しく行われました。
 平成18年の新年会は、 医療法人宮武内科と共催で、 先生の医師になられての25年、 医院開業15年、 そして宮武、 藤田両先生の還暦のお祝い。 当会はNPO法人設立満5周年のそれぞれを記念して 「すたんど割烹日本宗右衛門町店」 で賑々しく行われました。
 又、 2月には、 宮武先生が提携、 研究されている遺伝子の問題について 「ゲノムが変える21世紀の医療」 の演題で、 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長中村祐輔先生の講演が、 宮武先生の企画により大阪御堂筋ロータリークラブの主催で、 大阪国際会議場十二階の特別会議室で開かれ、 立ち見の参加者が出る盛況でした。 私達もこの研究の為に血液を提供しており興味深く拝聴させていただきました。
 このイベントについては、 宮武先生が3月に韓国のソウルロータリークラブに招かれてヒルトンホテルで講演をされました。 大阪御堂筋ロータリークラブの会員さんや当会会員と共に2泊3日の旅で、 私も娘と一緒に参加させていただきました。  韓国ではその後NHKで放映されているチャングムの撮影現場へ行きセットを見学、 その場で貸衣装チョゴリを着用、 変身して喝采を浴びて、 記念に写真撮影をしました。
 又、 チャングムのテレビ番組で料理の指導をされていた研究家の経営されているお店で宮廷料理を食べ気分は最高でした。 更に韓国ソウルロータリークラブから招待を受け韓国料理をご馳走になり良い想い出になりました。
 当会のイベントのもう一つの目玉は医師の同行による日帰りバスツアーです。 毎年秋に行いますが、 今年はアサヒビール吹田工場の見学があり、 初めて見る製造工程のオートメ化と大きさにびっくり、 説明を受けた後、 吹田工場だけで製造している幻のビールを試飲しました。 気分が良くなったところで、 バスに乗り、 池田市にある有名な不死王閣で昼食をいただき名湯に浸かりました。 最後は勝尾寺に参拝して清らかな気分で帰途につきました。 車中では当会のカラオケ教室のメンバーが中心となりカラオケで盛り上がりました。 カラオケ教室は昨年に発足して、 毎月第3木曜日の午後一時半から2時間開催しており、 満一周年を記念した発表会には宮武先生も美声を披露してくれました。 カラオケで皆が元気になり、 しかも上手になってちょっとした慰問のステージに立てる位になったと評判をいただいております。
 このようにNPO法人アズマネットワークは患者さん同士が助け合い楽しみながら交友を広め、 身近で気管支喘息で困っておられる方に、 体験を通じて元気になれるように啓蒙活動を行っています。
 そこで、 会に入会されておられる方はどうぞより一層の積極的な参加をお願いし、 未加入の方にはこのように素晴らしい活動をお話して、 元気で長生きを合言葉に精一杯生きるために、 当会へ入会されることをおすすめいたしております。

●もどる●