MAN会報

いびきをかく方、
朝すっきり目がさめない方、
会議で眠くなる方たちに。
−睡眠時無呼吸症候群について−

近畿大学医学部堺病院呼吸器科教授
御堂筋アズマネットワーク顧問医師 長坂 行夫

▲宴会の後で
 旅行に行くと、晩はたいてい宴会です。さんざん飲んで、騒いで床につくのですが、その時にはすでに大いびきで寝ている人がいます。ほとんで男性ですが、中年以降になれば女性のいびきも珍しくありません(と聞いています)。そのいびきが急にぱたっと止まることがあります。
 その上呼吸まで止まる。あれっと思っていると30秒、長いときは1分以上もたってようやく呼吸が始まりほっとします。これが睡眠時の無呼吸です。お酒をたくさん飲んだときだけならよいのですが、普段からこのようなことがあると睡眠時無呼吸症候群という病気です。寝ている間のことなので、本人はなかなか自覚できません。

▲朝すっきり目がさめない
 朝起きても、熟睡感がなく、まだ寝たりないと思うことがあります。夜遅くまで仕事をしたり、深夜までテレビ、ビデオを見てしまったときは仕方ありません。それでも寝たりないと感じます。お酒を飲んだり、睡眠導入薬を飲んだりするといったんは良くなるのですが、それでも長続きしない。
 これも睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつです。この病気では夜中に息が止まり、酸欠状態になるために何度も目が覚めます。トイレに行く人も少なくはありません。この場合、本人の尿意を催したために目が覚めたと思っています。お酒や睡眠導入薬は眠りやすくはしますが、この病気では無呼吸を悪化、眠りやすくなったと思う割には一向に楽にはならない状態が続きます。1晩に3回以上トイレに起きる方は、この病気か、心臓、それとも膀胱、前立腺などに病気がある可能性があります。

▲会議中に眠くなる
 サラリーマンや、朝から仕事のある方は眠くても決まった時間に起きなければなりません。すっきり目が覚めたかどうかも判りません。しかし、会議になるとどうしようもなく眠くなったり、さらに運転中に恐ろしい眠気に襲われたりします。睡眠不足や過労などの明らかな原因がないはずなのにこのような状態が続けば、やはり睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。自動車事故も起こりやすいし、アメリカに原発事故も職員がこの病気で作業にミスが出たためだろうとされています。もと横綱大乃国もこの病気で苦しんでいたそうです。十分に実力が発揮できず、さぞ残念だったことと思います。
 会議は内容によっては眠たくなることもありますが、それにしてもひどいと思う方、運転中によく眠くなる方はぜひ検査を受けて下さい。

▲どうしても寝ているときに息が止まってしまうのか
 この病気では、寝ていると喉がふさがり呼吸が止まります。これを閉塞性無呼吸といいます。寝ると、まず喉が、舌などの重みで解剖学的に狭くなります。仰向けに寝ると一番喉が狭くなり、横向きでは少し広くなります。寝ることによって、喉を開けておこうとする神経の刺激の弱くなります。若い女性にこの病気が少ないのは、女性ホルモンが呼吸を強く刺激するからです。女性でもホルモンが少なくなると更年期行こうではこの病気が増えてきます。
 喉の広さは生まれつきで、ある程度決まっています。喉の奥行きが浅い人はこの病気になりやすく、遺伝もありそうです。お父さんが良くいびきをかくと、子供にも良く出ます。また、急に太ってくると無呼吸が出やすくなります。首も太くなりますが、脂肪は首の内側にも広がり、喉の左右から圧迫します。このため、喉の奥行きがあっても左右からの圧迫で喉は狭くなります。一旦病気が起きてしまうといびきによる激しい喉の粘膜の振動によって、喉のむくみがひどくなり、喉はさらに狭くなります。体重が80kgを超えて無呼吸になった人は75kgくらいまで減らさないと良くなりません。怪しい方は、早めにダイエットに励んでください。

▲心配になってきたがどうすればよいか
 睡眠時無呼吸症候群は人口の3から5%くらいの人が罹っているそうです。高齢の方ではその数倍の頻度になります。お読みいただいている方にも少なからずその心配をされている方が居られる筈です。血圧が高い方ではこの病気の可能性が高くなります。
 検査はまず夜間に動脈の酸素が減るかどうかを調べます。パルスオキシメータという小さな器械で簡単に1晩中の酸素飽和度(血液中の酸素の割合)が測定できます。これで疑いがあれば次にアプノモニターという器械で実際に呼吸が止まるかを調べます。ここまでは外来で行う施設が多いようです。次に入院してもう少し詳しい検査をします。私どもの近大堺病院でも、近日中に検査を始めます。大阪回性病院には睡眠呼吸センターがあります。実際にどうすれば良いかは宮武先生にご相談されればよいでしょう。治療はまずやせることです。糖尿病に準じた食餌療法をお勧めします。
 とはいってもこれでは時間がかかりすぎますので、同じに器具を使った治療をします。この病気に服んで効く薬はありません。近大病院では口腔スプリントを使った治療をします歯科の先生に下顎を前に出す器具を作ってもらい、はめて寝ます。
 下顎が前に出た分、舌も前に出て喉が広がり、空気が通りやすくなります。これで十分な改善が出来れば鼻マスクによって空気を送り込む方法もあります。いずれにしても、ほとんどの方が最終的にはうまく治療されています。安心してご相談下さい。皆様のますますのご健康をお祈りしています。


●もどる●